Central Station + CSR-1

https://www.musicecosystems.jp//web/image/product.template/7313/image_1920?unique=f212a68

¥ 99,000 99000.0 JPY ¥ 99,000

¥ 90,000

    この組み合わせは存在しません。

    表示価格は税込です
    ハードウェアも送料無料でお届けします
    お支払い方法について 

    PreSonus Central Station + CSR-1

    究極のスタジオ・コントロール・センター

    製品概要

    究極のスタジオ・コントロール・センター

    Central Station(セントラル・ステーション)は、近年主流のデジタル・スタジオに最適な究極のスタジオ・モニタリング・インターフェースです。Central Stationには、DAW、ミキサー、CD/DAT/テープ・プレイヤー、キーボード/サンプラーなどの入力ソースを切り替えることのできるステレオ・アナログ入力が3系統搭載され、2つのステレオ・アナログ入力はTRSバランス、3つ目のステレオ・インプットはトリム・コントロールを搭載したRCA入力となっており、入力信号のレベル合わせが可能。また、Central StationにはS/PDIFまたはTOSLINKによるデジタル入力2系統が搭載されており、最大24-bit/192kHzのD/A変換が可能です。そのため、DAWとCD/DAT出力を同一のプロクオリティ・コンバーター経由でモニターすることができ、極めて正確なA/B比較と最高クオリティのモニタリング環境を提供し、内蔵のD/Aコンバーターは、卓越したクオリティのアナログ回路と、117dBを超えるダイナミック・レンジを誇ります。Central Stationには3セットのモニター出力が装備されており、それぞれにトリム・コントロールが搭載されています。さらにモニタリング・セクションにも、ミュート、Dim(音量を下げる)、モノの各スイッチが搭載され、キュー出力も搭載されているのでヘッドフォン・アンプや別個のステレオのメイン・ライン・レベル出力に供給することができます。

    パッシブ信号経路

    Central Stationはパッシブな信号経路で究極のソニック・パフォーマンスを提供します。Central Stationのメイン・オーディオ・パスには、ノイズ、色付け、歪みなどをサウンドに付加するオペ・アンプやアクティブICなどを含むアンプ段が一切使用されていません。オペ・アンプやICによる歪みは、耳にも負担を与えます。

    Central Stationにおける信号のルーティングには、アクティブICではなく34のシールド・リレーが採用されており、最短の信号経路となるよう配慮されています。リレーにより極めてトランスペアレントな信号経路が得られ、ダイナミック・レンジ、周波数特性、ヘッドルームを最大限に広げ、ノイズと音色変化を最低限に抑えることができます。Central Stationは、誤差1%以内の軍用グレード・メタル・フィルム抵抗、マルチエレメント・ポテンショメーター、優れた耐久性のコネクターなど、最高のソニック・パフォーマンスを提供する極上のパッシブ・コンポーネントを採用しています。

    メータリング

    Central Stationには、高速レスポンスの30セグメントのピークホールドLEDが搭載されており、正確なメータリングが行えます。Central Stationのフロントパネルには、dBuおよびdBfsスケール、ピークホールド・クリア・スイッチ、メーター位置調整スイッチもあり、詳細なメータリングが可能です。

    トークバック

    Central Stationにはトークバック・マイクが内蔵されており、キュー出力を経由してアーティストとエンジニア間でコミュニケーションが可能。Central Stationのリア・パネルにはマイクXLR入力も搭載されており、外部マイクを使用することもできます。トークバック使用時には、コミュニケーションが取りやすいよう、キュー・ミックスの音量が自動的に下げられます。

    CSR-1 CENTRAL STATION REMOTE同梱

    Central Station Remote Control(CSR-1)をCentral Stationリア・パネルのDB15コネクターに接続すれば、ボリューム、トークバック、ミュート、入力ソースの切り替え、スピーカー・スイッチングなどの機能をコントロールすることが可能。CSR-1を使用することで、Central Stationをラックに設置したまま自由自在にコントロールできます。

    CSR-1 概要

    Central Station Remote Control(CSR-1)は、Central Stationリア・パネルのDB15コネクターに接続しボリューム、トークバック、ミュート、入力ソースの切り替え、スピーカー・スイッチングなどの機能をコントロールすることが可能。CSR-1を使用することで、Central Stationをラックに設置したまま自由自在にコントロールできます。

    *日本正規品のCentral StationにはCSR-1が無償同梱されています。

    CSR-1 特徴

    • Central Stationの全機能をコントロール可能

    • 日本正規品のCentral Stationに無償同梱

    主な機能

    • ソースの切り替え可能なステレオ・アナログ入力3系統

    • 24-bit 192kHz対応S/PDIFデジタル入力(同軸、光)

    • Cueセクション(入力選択スイッチ、出力レベル・コントロール)

    • メインセクション(入力選択スイッチ、Aux入力レベル・コントロール、出力レベルコントロール、ミュート/Dim/モノ・スイッチ)

    • 2基のヘッドフォン出力(メインキュー入力スイッチとボリューム・コントロール)

    • レベル・コントローラーを搭載したトークバック・マイクロフォン装備

    • リモート・コントロールを可能とするControl Station Remote (CSR-1)を同梱

    入出力

    • バランス¼"アナログ・ライン入力4系統

    • アンバランスRCAアナログ・ライン入力2系統

    • S/PDIF光デジタル入力1系統

    • S/PDIF同軸デジタル入力1系統

    • 外部トークバック・マイクロフォン用のバランスXLR入力1系統

    • バランス¼"ラインレベル・アクティブ・モニター出力6系統(パッシブ・レベル・コントローラー搭載)

    • バランス¼"ラインレベル・メイン出力2系統

    • バランス¼"ラインレベル・キュー出力2系統

    • ステレオ¼"ヘッドフォン出力2系統

    製品仕様

    ステレオ1/2入力

    • タイプ: ¼" TRSパッシブ・バランス

    • 入力インピーダンス:2k〜5kΩ

    • S/N比:140dB

    • THD+N:< 0.0005% ・周波数特性:1MHz以上

    Aux入力

    • タイプ:RCAアクティブ・バランス

    • 入力インピーダンス:8kΩ

    • S/N比:115dB

    • THD+N:0.002%

    • 周波数特性:10Hz〜50kHz(±0.5dB)

    • ゲイン・レンジ:-90dB〜+20dB

    デジタル入力

    • タイプ:RCA 75Ω同軸および光

    • ダイナミックレンジ:117dB

    • THD+N:0.0025%

    • 最大出力:+18dBu

    • サンプリング・レート:44.1kHz、48kHz、88.2kHz、96kHz、176.4kHz、192kHz

    オーディオ出力

    • タイプ:¼"TRSパッシブ・バランス

    • 出力インピーダンス:51Ω

    • THD+N:< 0.003%

    • 周波数特性:10kHz〜50kHz(±0.5dB)

    • トリム・レンジ:-90dB〜0dB

    • ヘッドフォン出力:最大出力各150mW、周波数特性10Hz〜50kHz

    その他

    • サイズ:482mm x 44mm x 101mm

    • 質量:約2,267g