FET Compressor

https://www.musicecosystems.jp//web/image/product.template/12843/image_1920?unique=f5891fc

往年の名機をシミュレーションしたFETベースのコンプレッサー

¥ 9,340 9340.0 JPY ¥ 27,360

¥ 24,873

    この組み合わせは存在しません。

    表示価格は税込です
    ハードウェアも送料無料でお届けします
    お支払い方法について 

    Softube FET Compressor ダウンロード版

    プラグインソフト 往年の名機をシミュレーションしたFETベースのコンプレッサー

    FET Compressor

    FET Compressorは、最も有名なコンプレッサーの1つを見事なまでに忠実にモデリングしています。その攻撃性に加え、ハードにドライブさせると味わい深いディストーションが加わるポイントが愛好されている理由であり、手荒な扱いや酷使を大歓迎します。ただし、改善の余地がないほど優れている部分も少々あります。そこで、気の利いた機能を追加し、オリジナルのハードウェアよりも柔軟性を高めています。
    Odoo テキストと画像のブロック

    主な特徴

    一般的に、FETコンプレッサーでは深いゲイン・リダクションを得ることができます。その理由は、極端な設定でも縮こまった音がまったく見られないということにあります。ほかの多くのコンプレッサーは、激しく使うと音が縮んでしまいます。この厳密なゲイン・コントロールは、聴き手と向かい合っていなければならないリード・ボーカル・トラックに特に有用です。また、ディストーションが声に適度な粗さを加えます。これはロックのミックスに非常に役立ちますが、ロック以外に使ってもまったく問題ありません。

    FETの一般的な使い方としてドラムのミキシングが挙げられます。多くのエンジニアはルーム・マイクやオーバーヘッドまたはドラム・バス全体にわたってこれを使います。このようにして使うと、FET Compressorはレッド・ツェッペリンのような広大で爆発的なサウンドをもたらします。これはパラレル・コンプレッションの手法が有用な例でもあります。そこで、これを容易に実行できるよう、パラレル・インジェクト・コントロールを追加しました。キック・ドラムのパンピングやベース・ギターのロー・エンドの増大を削減するには、サイド・チェーン・フィルターを使います。

    とは言え、FETにはまだ数多くの使い方があります。ベース、アコースティック・ギター、ピアノなどからエッジーを引き出したり、コンプレッサーのアタックを最速に設定してトランジェントを切り捨てたりすることもできます。

    Odoo テキストと画像のブロック
    • 心地よい入力および出力段のディストーション

    • 超速アタック・タイム(オリジナルにそっくり)

    • ルックアヘッド(オリジナルのアタック・タイムの速さが十分でないと感じる場合)

    • 「オールボタン」モードをモデリング

    • 連続レシオ(20:1と「ALL」の中間) - オリジナルの固定レシオが必要な場合は、ノブの周囲のレシオ・ラベルをクリックします

    • パラレル・コンプレッション

    • ディテクター・ロー・カットおよびハイ・カット・フィルター

    • 外部サイド・チェーン

    • ゲイン・リダクションが同期するステレオ

    • CPU負荷が非常に低い

    • 精密にモデリングされたアナログ・コンプレッサー。アナログ・ユニットの各段が個別にモデリングされており、オリジナルのアナログ・ユニットのサウンドと動作を正確に再現

    プラグイン・システム必要環境

    Softubeプラグイン・システム必要環境はこちらをご覧ください。