SSL XL 9000 K-Series

https://www.musicecosystems.jp//web/image/product.template/12867/image_1920?unique=11d231f

Console 1オーナーだけのオプションXL 9000 K
※本製品を使用するにはConsole 1が必要です。

¥ 26,920 26920.0 JPY ¥ 41,110

¥ 37,373

    この組み合わせは存在しません。

    表示価格は税込です
    ハードウェアも送料無料でお届けします
    お支払い方法について 

    Softube SSL XL 9000 K ダウンロード版

    プラグインソフト Console 1オーナーだけのオプションXL 9000 K

    Solid State Logic XL 9000 K

    Console 1オーナーへのオプションであるSolid State Logic XL 9000 Kは、Console 1に付属するSolid State Logic 4000 Eとは異なるサウンドを提供します。また、XL 9000 Kにはディストーションが内蔵されていないことから、SoftubeのチャンネルにはSSLの有名なVHD(Variable Harmonic Drive)回路も搭載しました。
    Odoo テキストと画像のブロック

    主な特徴

    Solid State LogicのSL 4000 Eは、その少々粗く先進的なサウンドで、ポップスとロックのための優れたコンソールとして広く知られています。一方、Solid State Logic XL 9000 Kの回路設計は、極端な帯域幅、最小限の位相シフト、非常に少ない歪みを実現させます。これによって、XL 9000 KはヒップホップとR&B向けの世界で最も人気の高いアナログ・コンソールのひとつとなりました。ソリッドで奥深いロー・エンドと広範な高域は、先進的で大きく幅の広いサウンドを得るために効果的であり、クラシックとアコースティックのオーディオ愛好家向けのレコーディングにも愛用されています。
    Odoo テキストと画像のブロック

    VHDモデルを搭載

    XL 9000 Kは非常にクリーンなコンソールです。さらに、歪みをクリエイティブに使うというオプションのために、Solid State LogicのVHD(Variable Harmonic Drive)回路のモデルが追加されています。これはDualityシリーズ・コンソールの一部であり、アルファ・チャンネル・プリアンプです。Console 1のDriveノブは歪みの量を決めます。Characterノブは、アナログ版と同様、追加する歪みを2次歪み(真空管寄り)から3次歪み(トランジスタ寄り)、またはこの中間に変化させます。

    ゲートとコンプレッサーの広範なオプション

    さらに、XL 9000 K for Console 1のShapeセクションには完全に制御できるゲート・ユニットがあり、PunchノブとSustainノブでRangeレベルとHoldレベルを操作できます。これによって、迅速なワークフローが優先されたSL 4000 Eモデルよりも、個別の操作がしやすくなっています。コンプレッサーはPeakモードとRMSモードとの切り替えができ、広範なオプションをもたらします。イコライザーはクリーンで滑らか、自然です。

    歴史

    初代の9000シリーズ・コンソールは1990年代半ばにリリースされ、アナログ回路設計の画期的な発明となりました。信号の完全な整合性と歪みの少なさを保つため、音響経路にはコンデンサーがまったく使われていません。2002年にリリースされたXL 9000 Kは9000シリーズの最新作であり、最も発達をとげているバージョンです。このバージョンはピーター・ガブリエルのRealWorld Studios、ワイクリフ・ジョンとジェリー・ワンダのPlatinum Soundの基幹システムとなっています。なお、マイケル・ブラウアーがElectric Lady Studiosで使っているのはもう少し前の9000 Jです。

    概要

    • 広大で滑らかなサウンド

    • VHD(Variable Harmonic Drive)モデルを追加

    • ゲートとコンプレッサーの広範な機能

    プラグイン・システム必要環境

    Softubeプラグイン・システム必要環境はこちらをご覧ください。